保健師の主な仕事内容について

hokenshitu

保健師というのは、保健所や学校で健康について相談に乗ったり、集団検診をしたりと、健康に関して様々なサポートをする仕事です。保健師にもいくつか種類がありますので、それにより働く場所も異なります。主な仕事は健康指導になりますが、医師とは違う立場から患者目線で、親身になって話を聞いてくれる人という印象です。幼児から高齢者まで幅広く、対応していきます。保健師が働く場所は、学校や病院、民間企業や行政機関など実に様々です。保健師として働くためには国家資格が必要なので、誰にでもできる簡単な仕事ではありません。公務員となるので安定しているところも、人気の理由といっていいでしょう。

ここで最も重要になるのが、保健師として働くには国家試験に合格する事の他に、看護師の資格を取得している事が条件となるところです。看護師も保健師も資格取得の条件に、専門的な学校で学ぶ事がありますが、看護大学では看護師と保育士の課程を両方実施していますので、違う学校に通わなくても同時に学ぶ事は可能です。ただし国家試験は看護師と保健師の2回受ける事になりますので、ハードルは少し高くなります。しかし両方の資格を取得しているので、看護師が保健師に転職するという事も可能になります。

保健師の仕事は、学校保健師、産業保健師、地域保健師の3つに分類されています。働く場所は異なりますが、仕事内容は従業員や生徒たちの健康管理や健康指導、健康相談や病気予防などが主になります。

保健師の資格を取得している事でさらにスキルアップできます。資格にも種類がありますが、保健師の資格を取得している事を前提に、受験資格が与えられる資格もあります。第一種衛生管理者、産業カウンセラー、養護教員、介護施設支援、健康運動実践指導者、健康運動指導士などがあります。保健師は資格を取得するまでに苦労もありますが、仕事は大変な分やりがいがありますし、看護師と同じように長く働ける仕事です。

Copyright © 2015-2016 JOB SEARCH -保健師バーション- All rights reserved.